波動カウンセリング・ヒーリング

続・数霊の法則 その15/数霊システムの三役揃踏み

『I.H.M. WORLD』2014年7月号 掲載

 古くから「国際波動友の会」に入会されている人であれば、波動測定器「MRA」について詳しく知っていると思いますが、江本会長が操作して難病の方が快方に向かったり、治癒する改善例が出始めた当初、波動測定のことが口コミで広がり興味を持っている人たちが集まり始めました。

 そして、その中で特に「MRA」に強い興味を持っていた人たちで研究会が発足したそうです。その研究会では、「MRA」の使い方はもちろんのこと、装置の箱を開けて中の回路まで調べ始めたのです。ところが、しばらくするとその研究会に集まっていた主要メンバーが、研究会から抜けて行き、その会は解散することになったそうです。

 研究会が解散した当初は、なぜ皆が辞めていったのか解りませんでしたが、その後会を辞めていった人たちの手によって、「MRA」をコピーして開発された波動測定器が発売され始めたそうです。
 結局のところ、その研究会に集まっていた人たちは、江本会長が驚くような改善例を次々に出している、その「MRA」という波動測定器に興味を示し、同じような測定器を自分たちで開発しようと、考えていたのでしょう。

波動の理解者なら分かるマーカー機能の深い意味

 ところが、その人たちには、波動の本質を理解することが出来なかったのではないでしょうか。元々「MRA」に備わっていたとても重要な機能があったのですが、その機能を外して自分たちの装置を開発してしまったのです。それは、マーカーと呼ばれている機能です。

45789 糖尿病
45302 膵臓
45395 ランゲルハンス島
55582 膵臓:β細胞
15277 インシュリン
75612 血糖
45816 高血糖
45179 ヘモグロビン

 これらの波動コードをマーカーへ登録することで、これらの波動の乱れを生じさせている原因の波動情報を拾い出すことが出来るのです。つまり、その人が糖尿病になっている原因を拾い出して、その原因を解消するための波動水を作ることができるのです。
 とても役割の大きいマーカー機能なのですが、装置の内部を解析した人が、マーカー部分の電気回路がインプットだけで作られており、アウトプットがどこにもない為に、電気工学的には意味を成さないと解釈してしまった様です。

 そのために、「MRA」を真似て作った波動測定器には、マーカー機能が付けられていないのです。波動的なものの見方が出来る人であれば、このような電気回路で作られているマーカーであっても、エネルギー的には十分意味を成していることはお分かりでしょう。マーカーへ波動コードをインプットして登録(記憶)させた時点で、装置そのもののエネルギーは変化している訳です。

 だから、測定して拾い出される情報も違ってくるのです。現在も、これらのコピーされたマーカー機能の無い測定器は販売されているようですが、その使い方はただ単に波動を測定する装置として使われているようで、波動を修正して改善するための深い使われ方はほとんど行われていないようです。

 波動測定器をどのような目的で使うのかによって、必要な装置の性能は変ってきます。食品や物品の波動を調べるだけであれば、「MRA」をコピーした装置でも十分役割を果たせると思います。しかし、IHMグループで行っている波動カウンセリングは、様々な問題や悩みを抱えた方が、それらを解消して行くためのサポートを行う目的がありますので、測定をして調べるだけでは不十分なのです。

 調べた後に波動の乱れを修正してKAIZENを行う必要があります。そのためには、波動測定器のマーカー機能は、必要不可欠なものになります。家庭用波動測定器として開発された、「数霊セラピーシステム」は波動カウンセリングのKAIZENを行う測定だけを切り取った装置と言って良いでしょう。

 マーカー機能が「MRA」と同じように8個ついています。そこに、必要なコードを入力して測定・転写をすることで、とても効果的な波動水を誰でも簡単に自宅で作ることが出来るようになりました。発売以来、累計で500台以上の販売になりますが、とてもたくさんの改善報告をいただいております。ただし、ユーザーさんからの声で、マーカーコードを8個に絞り込むのが大変難しいとの相談もあるようです。

様々な機能がアップした「数霊システムⅡ」

 そこで、今回新たな測定器として開発されたのが、「数霊システムⅡ(KS‐02)」になります。今回は、プログラムソフトだけのバージョンアップではなく、本体装置部分であるハード面においてもバージョンアップさせました。本体装置を新しくすることによって、ソフト面も今まで行うことが出来なかったバージョンアップを果たすことができたのです。

◆主なバージョンアップ面◆
1*マーカー登録が800コードまで可能
2*測定メニューが7種類に増える
3*一括転写コードが200コードまで可能
4*基本コード数が大幅に増える
5*ゼロ磁場発生コイルに「ヌース理論」を導入

 このような部分において、バージョンアップしていますので、今までの「数霊セラピーシステム(KTS)」では物足りなくなって来たユーザーさんには、是非お勧めしたいと思います。

 これで数霊システムシリーズは、3種類になりました。

①「数霊セラピーシステム(KTS‐01)」
 初めて波動測定器を購入して使う方向けの、家庭用としてお勧めいたします。この1台で家族全員の波動水を作れますし、動物、植物の波動水も作れます。また、家や土地、畑などのエネルギー調整も出来、遠隔ヒーリングもOKです。

②「数霊システムⅡ(KS‐02)」
 一般家庭及び治療院などの代替医療に従事されている方にお勧めの装置です。波動に関する知識をある程度持ち合わせている方向けで、様々な応用が可能なので専門知識を有効活用することで、驚くような結果を出すことが出来るでしょう。

③「数霊セラピーシステム・プロフェッショナル(KTS‐PRO)」
 サロンを開いて波動カウンセリングを行う方のために開発した、マニュアル測定器です。「MRA」の機能はすべて備えており、さらにパソコンと連動させて自動測定をすることも出来ます。

 これらの装置は、すべて「数霊の法則」を取り入れ、活用していますので、未来形進化型の波動測定器と言えるでしょう。
 これからは、海外にも目を向けて世界的な視野で販売促進をして行きたいと思います。

ドルフィン通信

お気軽にお問い合わせください TEL 03-5912-6541 受付時間 10:00~18:00(定休日:日曜)

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE

ドルフィン通信

  • メールでお問い合わせはこちら
数霊セラピーシステム
  • facebook
PAGETOP
Copyright © 有限会社 I.H.M.ドルフィン All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.