波動カウンセリング・ヒーリング

続・数霊の法則 その18/魔方陣の中に隠されていた法則とは? 2

『I.H.M. WORLD』2014年10月号 掲載

新たに発見された魔方陣の組み合わせ

 歴史の中で新しく発見された理論や開発された技術などは、発見当時は斬新なものであっても、多くの人が活用することで、一般常識になって行きます。そこから更に新たな発見や開発に繋がって行くことは、過去の歴史を見てみれば歴然とした事実です。

 私が最初に発見した「数霊の法則」も、発見当時は驚くべき理論でしたが、その理論を活用して「数霊セラピーシステム(KTS)」を開発し、多くの人たちに使っていただくことで、一般常識になりつつありました。そんな時に、あるお客様からの情報によって新たな魔方陣の組み合わせがあることを知ったのです。この話は先月号で書かせていただきましたが、その後さらに検証を進めて行く中で、新たな組み合わせがまだ数多く存在することが解ってきたのです。

 そして、これらの組み合わせを見ていた時に、最終的な魔方陣の秘密が解ってきました。9×9魔方陣の場合、中心の数が41になっていますが、その41を起点として点対称の位置にある二つの数を足すと必ず82(41の2倍)になるのです。369は41の9倍ですから、中心にある41と点対称の位置関係にある4組(8個)の数字を合計すれば、必ず369になることが解りました。

 つまり、魔方陣とは中心の数を起点としてそこから放射状に数字が陰と陽の関係で相対的に広がっているものだったのです。ちなみに魔方陣はどんどん大きくすることができます。
27×27魔方陣の場合は、中心が365になっていますので、それを中心にして点対称の位置にある二つの数字を足すと、やはり365になることが解ります。一列の合計数は、9855であり、点対称の位置にある12 組(24個)の数と中心の365×3を合計するとやはり9855になるのです。

魔方陣は宇宙を表している

 これらの魔方陣とは、「数で宇宙を表したものである」と伝えられてきましたが、まったくその通りであり、この宇宙の生成過程や生命誕生の過程を見事に表現していました。宇宙がビッグバンから始まり、急速に膨張して誕生した様や、1個の受精卵が分裂して2個、4個、8個、16個と細胞が増えながら、一人の人間として誕生してくる過程、そして一粒の種を土に植えると、そこから芽が出てきて、枝が伸び、葉が茂り、花が咲き、実が成っていく様子をものの見事に数で表現していたのです。

 今回の発見で、魔方陣の成り立ちとそこに表現されていた情報が完全に理解できたように思います。先人の知恵に驚くと共に、封印されていた情報を理解することが出来たことによって、現代人の意識は一気に覚醒の方向へと変化して行くように感じます。

 今後は、この魔方陣の情報を、どのように波動測定器や波動カウンセリングに活かして行くのか、人生を送る中でどのような指針として活かして行けるのか、ということが私に与えられた宇宙からのミッションだと思いますので、人々の笑顔と、世界の平和のためにさらに解き明かしていく所存です。

ドルフィン通信

お気軽にお問い合わせください TEL 03-5912-6541 受付時間 10:00~18:00(定休日:日曜)

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE

ドルフィン通信

  • メールでお問い合わせはこちら
数霊セラピーシステム
  • facebook
PAGETOP
Copyright © 有限会社 I.H.M.ドルフィン All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.