波動カウンセリング・ヒーリング

続・数霊の法則 その4/数霊セラピーウォーターの秘密

会報誌 『I.H.M. WORLD』
2013年8月号 掲載

 会報誌『I.H.M. WORLD』に、毎月連載で記事を書かせていただいておりますので、読者の皆様におかれましては、少しずつ「数霊の法則」について理解が深まっているのではないかと思います。
 ただし、ほとんどの方は日常生活の中で、自分の目の前に現れる現象を捉えたり、現実の世界を把握することに意識が向けられていますので、潜在意識のことを考えたりすることは、あまりないのではないかと思います。そのような方にとっては、この連載記事を読んでいただいてもなかなかその内容をすべて理解するのは難しいかも知れませんが、頭だけで理解しようとするのではなく、自分自身で体験することでさらに理解が深まってくるのではないかと思います。

万人に向けた、数霊セラピーウォーター

 「数霊の法則」を体験するのに、一番手軽な方法は定番の「数霊セラピーウォーター」を飲むことではないでしょうか? 今現在、発売されている定番の「数霊セラピーウォーター」は全部で17種類ありますが、それぞれ目的別に必要な波動情報を転写してあります。これらの「数霊セラピーウォーター」は、どなたが飲まれても飲む人に応じて効果を感じられるように、波動情報を測定で拾い出して転写してあるのです。それらの波動情報は、どのようにして拾い出しているのでしょうか? 個人のパーソナルウォーターであれば、ご本人から直接もしくはお写真を使って必要な情報を拾い出します。その場合の情報は、個人の潜在意識である4次元の情報が中心になります。その方自身が過去世において作ったカルマの情報の中から、現在その方が抱えている問題の根本原因の情報を拾い出して、それらの根本原因が解消されていくようにサポートする波動水を作るのです。その波動水は、その方のためだけに作った世界で一つの波動水なので、他の人が飲んでもほとんど効果は出ないのです。
 ところが、定番の「数霊セラピーウォーター」は、誰が飲んでもその目的別に、飲む人の状態に応じて効果を実感できるような情報が転写されているのです。もちろん、その実感できる効果には個人差がありますが、万人に共通する必要な情報が転写されているのです。そのような情報を測定して拾い出すには、文字を使う必要があります。

願いが実現できないのは、自分の内にある阻害要因

 たとえば「金運ウォーター」を作る場合、その目的を文字で印刷した紙を用意します。
紙に書いてある文字とは…
金運上昇
◆お金がたくさん手に入り、有効に使える
◆努力しただけの報酬を、手に入れられる
◆今どうしても必要なお金が手に入る
◆自分の仕事が評価されて、給与が増える
◆思いがけないボーナスをもらえる

 このような文字を書いて測定をしています。なんとも贅沢なお願いのように思えますが、願い事があるということは、その状態が実現されていない証拠であり、実現されていないということは、それらの実現を阻害する要因がどこかにあることを意味しているのです。その阻害要因を波動測定で拾い出して「数霊セラピーウォーター」を作るのですが、この場合の阻害要因はすべての人に共通する情報になりますので、その情報を拾い出す潜在意識の領域は5次元における人類共通の普遍的無意識の領域になるのです。
心理学における人の意識 写真測定と同じように、文字を書いた紙をハンドプレートの上に載せて、その願い事を実現するために必要な波動コードを一つずつ測定して拾い出すのです。その測定は、通常のカウンセリングとは違い、すべての人に共通して有効な波動コードを拾い出す作業になりますので、測定器から発せられる音の変化はとても微妙な変化であり、いつも以上に集中しながら測定を行う必要があります。
 波動情報と一言で言っても、その情報にはいろんな種類があります。一番測定しやすいのは、肉体レベルの波動情報です。肝臓や腎臓、心臓、肺、胆嚢、膵臓など臓器の波動情報は比較的測定しやすい情報です。
 それよりも精妙なのが感情波動になります。その人自身が作って溜め込んでいる感情波動であればはっきりと反応しますが、心のク
セや、カルマとして持っている情報の場合は反応が微妙になってきます。その感情波動に対応する家系の情報や前世、過去世などの情報も微妙な反応になるのです。

波動測定とアカシックリーディングは似ている

 このように、潜在意識の深い領域に掘り下げて行けば行くほど、測定時の音の反応が微妙になってくるのですが、その最たるものは人類に共通する5次元意識の情報になります。その潜在意識の領域に存在する波動情報を、文字を使って測定することは、いわゆるアカシックレコードの情報を読み解くリーディングと同じ行為ではないかと思うのです。
 リーディングで有名な人と言えばエドガー・ケイシーですが、彼がリーディングを行って手に入れた情報にも様々な情報があり、個人的な症状を改善するための情報、多くの人に共通する問題を解消するための情報、歴史的な事実を解明するための情報、宗教的な過去の事実を解釈するための情報など様々あるようです。そのような彼のリーディング情報を拝見していると、まさに私たちが波動測定器を用いて行っている波動測定は、測定装置を使用しているかいないかの違いだけであり、その行為自体はアカシックリーディングとまったく同じものであることが解ってきます。
 ただし、測定を行う人の能力によって、拾い出せる情報の正確性には差が生じてくるようです。果たして私が測定して拾い出した情報は、どのくらいの精度なのでしょうか? 比較する対象が存在していないので判断するのが難しいところですが、「数霊セラピーウォーター」を飲んだ方たちの体験談をお聞きした限りでは、中々効果的な情報を拾い出せているように思います。
 また、私自身の測定能力も日々進化していますので、測定能力が高まった時には、新たな測定を行ってそれぞれの「数霊セラピーウォーター」をバージョンアップしているのです。色々な知識よりも体験が一番早いですので、まだ、お試しでない方は是非一度体験してみてください!

ドルフィン通信

お気軽にお問い合わせください TEL 03-5912-6541 受付時間 10:00~18:00(定休日:日曜)

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE

ドルフィン通信

  • メールでお問い合わせはこちら
数霊セラピーシステム
  • facebook
PAGETOP
Copyright © 有限会社 I.H.M.ドルフィン All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.