数霊システム & 波動カウンセリング

数霊ZENWA(ゼンワ)

  • HOME »
  • 数霊ZENWA(ゼンワ)
 

 

数霊ZENWA(ぜんわ・禅和)新発売!

 数霊ZENWA(ぜんわ:禅和)は、潜在意識の中に記憶しているネガティブな感情波動を測定で拾い出して、確認することが出来ます。拾い出された感情波動はカルマと呼ばれる情報なのです。そのカルマの情報を解消して行くにあたり、どのようなことを意識しながら一日を過ごすと良いのか、ひと言アドバイスを受け取ることが出来ます。  

 

スタート時のカラーは、画面から選ぶことができます。

 

潜在意識に潜んでいるマイナスの感情波動を測定し文章で確認!

   ポータブルタイプの数霊システムの第2弾の数霊ZENWAの最大の特徴は「メンタルチェック」にあります。  この測定は、潜在意識にあるマイナス感情の波動を見える化しています。  実世界で起こるネガティブな出来事には、意識と呼ばれる目に見えない領域があると考えられています。  数霊システムでは、その見えない領域の意識の世界にアプローチをすることで、現実世界で起きている問題の解消に導いてくれます。  感情波動というのは、現実世界で起こる問題の根本の原因に近い領域にあると言われています。  ショートモードで20個、ロングモードだと80個の感情波動が文字で表示されます。  さらに、拾い出された感情波動に応じて、その時の心持ちや所作のヒントとなる「一言アドバイス」も確認できるので、行動指針にしてください。

数霊ZENWAの使い方1 数霊ZENWAの使い方2 数霊ZENWAの使い方10 数霊ZENWAの使い方3 数霊ZENWAの使い方4 数霊ZENWAの使い方5 数霊ZENWAの使い方6 数霊ZENWAの使い方8 数霊ZENWAの使い方9 数霊ZENWAの使い方7

設定されている測定メニューは18種類 飼っているペットの感情波動も測定できます

数霊ZENWAには、以下の18種類の測定メニューが設定されています

①貴男のメンタル → 男性の測定をする場合に設定 ②貴女のメンタル → 女性の測定をする場合に設定 ③愛犬のメンタル → ペットの犬(アドバイスなし) ④愛猫のメンタル → ペットの猫(アドバイスなし) ⑤家・車等のエネルギー調整 → 家や車の浄化(アドバイスなし) ⑥人間関係全般 ⑦人間関係(家族) ⑧人間関係(配偶者) ⑨人間関係(我が子) ⑩人間関係(義父母) ⑪人間関係(義理の兄弟姉妹) ⑫人間関係(現在の恋人) ⑬人間関係(昔の恋人) ⑭人間関係(友人・仲間) ⑮人間関係(社長・上司) ⑯人間関係(同僚) ⑰人間関係(部下) ⑱人間関係(社員・従業員)

 飼っているワンちゃん、ネコちゃん、家や車など、人以外の感情波動も測定ができます。  また、人間関係もさまざまなケースに分かれていて、測定者から見た相手への感情波動が測定できます。  それらの感情波動が、現実世界での問題を引き起こしていると考えられています。  数霊ZENWAから得られた解消する波動情報をお水に転写して飲んだり、写真でヒーリングをすることで問題が解決に導かれていきます。

相生相剋・一霊四魂・一霊四魂+縄文ゲート マニュアル測定器の測定手法がポータブル版で実現!

 「メンタルチェック」で拾い出したマイナスの感情波動を解消する測定は全部で3種類。  「相生相剋測定」は、集合無意識にアプローチをして深い部分の潜在意識の情報を測定することができます。  「一霊四魂測定」は、古神道における考え方で、意識の世界を5つ(荒魂・和魂・幸魂・奇魂・直霊)に分けます。  それぞれの領域で測定・転写を繰り返すことで、5次元意識に到達するヒーリングができます。  「一霊四魂+縄文ゲート測定」は、縄文ゲートを開かせるヒーリングができると考えられます。   我々の祖先の縄文人というのは、とても波動の高い人たちだったことがわかっています。   争いもなく高度な文明を築いたと言われていて、愛の波動を発信する存在だったと考えられます。   現代社会の大きな問題としては、個々人の心身の健康の荒廃、自然環境の破壊、経済至上主義などがあげられますが、それらはすべて縄文時代の意識が完全に忘れてしまったことにあるとも言えます。   数霊ZENWAで作った波動水を飲むことで、一人一人の5次元意識を覚醒して縄文人の意識を取り戻すことで、様々な問題を一緒に解決してき、素晴らしい未来の実現に寄与できたらと思います。  

開発者 吉野内聖一郎先生からのメッセージ

日本における禅は元々「禅和(ぜんわ)」と呼ばれていた

 禅とは修行を行うことで、悟りの境地に到達することを最終的な目標として行うものであるが、修行僧の様に寺に籠り座禅などの修行や、霊山に登って修験道が行う禅定などの実践修行をすることは、誰もが出来る事ではありません。  そもそも禅の考え方としては、日常生活で行う日々の営みを、心を込めて行い、その中に生きる意味を見出していくことが大切であり、ひとつひとつの所作や言葉使いに思いを込めながら生活を送ることで、悟りへの道を開いていくことを説いているのです。  悟りを開く中で、私たちの意識がどのように変化して行くのか? その状態を自分で確認して、そして少しずつでも悟りの境地に近づいて行くためのサポートをしてくれるための装置、それが数霊ZENWA(禅和・ぜんわ)なのです。  悟りの境地に近づくと、人の心は穏やかになり、自分が置かれている環境でどの様な変化が生じようとも、慌てふためくことがなく、常に冷静沈着な状態を保ちながらも、意識は高いレベルに存在して幸福感を味わい生きて行くことが出来るようになるのです。  数霊ZENWA(禅和)は、潜在意識の中に記憶しているネガティブな感情波動を測定で拾い出して、確認することが出来ます。  拾い出された感情波動はカルマと呼ばれる情報なのです。そのカルマの情報を解消して行くにあたり、どのようなことを意識しながら一日を過ごすと良いのか、ひと言アドバイスを受け取ることが出来ます。  そして、カルマ解消をサポートしてくれる波動水を作ることが出来ますので、その波動水を飲みながら自分自身でカルマ解消に取り組んで行きましょう。  自分自身が使う言葉、行動を意識しながら生活を送ってください。  自分がどこに意識を向けるのか、そしてどのような情報を意識するのか、その取り組みを日々行うことが悟りへの近道になるのです。

「潜在意識」を変えれば現状が変わる

 下の図は、心理学者のユングが提唱している「人の意識」を図式化したものです。  私たちが認識できる意識の領域「顕在意識」はたったの5%と言われています。  残りの95%、つまり大部分は「潜在意識」と呼ばれています。 スマホ用こころの構造1  心理学では、「顕在意識」で起こったことは「結果」の世界で、その「原因」はどこにあるかというと、95%の「潜在意識」にあると言われています。  先ほど挙げたさまざまな問題も、その「原因」は「潜在意識」にあると考えられます。  つまり、問題を解決して現実を変えたければ、5%の「顕在意識」ではなく、95%の「潜在意識」にアプローチする方が効果的と言えます。  しかし、私たちが普段何気なく講じている対処法は、ほとんどが「顕在意識」へのアプローチになっています。  アプローチする領域が違うのですから、これでは、なかなか改善しないことも納得できますね。  それでは、一体どうすれば「潜在意識」にアプローチすることができるのでしょう?

95%の「潜在意識」にアプローチする数霊システム

 長年抱えていた問題が、「波動カウンセリング」や「数霊セラピーウォーター」で比較的早く改善に向かうのには、ちゃんと理由があります。  それは、数霊システムが私たちの「潜在意識」にアプローチしているからです。  開発者である吉野内聖一郎氏は、長年の波動研究の末に、

  • 古神道の「数霊の法則」が宇宙の仕組みを表していること
  • その法則を用いれば個人の潜在意識や集合的無意識にアクセスできること
  • その意識のマイナス波動を数霊システムで調整できること

を発見しました。 「ワンネス」や「一元調和」などの言葉が一般にも広く聞かれるようになった昨今、 「私たちの意識はつながっている」 「個人の意識が、民族や国家の集合意識や、ひいては地球全体の波動にも影響を与えている」 という考えに共感される方も多いのではないでしょうか? コロナ禍以降、数霊システムの需要が急激に高まっていますのも、集合意識の目ざめを象徴しているように思えてなりません。

NCキューブプラスと接続して更に精緻な測定·転写

 NCキューブプラスは、ヌーソロジーを創始された半田広宣先生が開発した波動装置です。  空間を浄化したり、人の意識に働きかけ心身のバランス調整をしてくれます。  NCキューブプラスの創り出す地場空間によって、測定·転写のクオリティが上がり、エーテル界、アストラル界の無意識への高度なアクセスが可能に。単独でも使用出来ます。エーテル/アストラル測定·転写モードは、NCキューブプラスの同モードと連動して働きます。  

お問い合わせはこちら TEL 03-5912-6541 受付時間 10:00~18:00 [ 日・祝日除く ]

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 有限会社 I.H.M.ドルフィン All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.