波動カウンセリング・ヒーリング

続・数霊の法則 その28/全チャクラコードを使ったカウンセリング

  • HOME »
  • ドルフィン通信 »
  • 続・数霊の法則 その28/全チャクラコードを使ったカウンセリング
『I.H.M. WORLD』2015年11月号 掲載

 

新しい波動測定にチャレンジ?

 波動測定は、目に見えない世界の探究です。エネルギーの世界がどのような仕組みと構造で成り立っているのか、探究しながらその全体像に迫って行く作業の繰り返しになります。

20年前から、その作業を繰り返し行ってきましたが、未だにその全貌は把握出来ていません。もしかしたら肉体を持ってこの世に生きている間に、すべてを把握することは無理なのかも知れませんが、その作業を続けてきたことで、常に波動測定技術は進化して来ました、そして今も進化し続けています。ここ最近新しく取り組んでいるのは、チャクラコードに関しての研究です。その内容について今回は報告をさせて戴きたいと思います。

 IHMスマイルで紹介している、竹下雅敏先生の東洋医学セミナーDVDがありますが、その中でチャクラについてお話をされている部分があります。今まで、私が知っていたチャクラについての知識は、人間の身体には7つのチャクラがあり、第1チャクラ肉体レベル~第7チャクラ精神レベルに分かれていると言う程度のものでした。ところが、竹下雅敏先生のお話を聞いてみると、それらの7チャクラが人間のエネルギー体である、肉体(体外)、エーテル体(体表)、アストラル体(神経叢)、メンタル体(脊髄)に存在して繋がっており、さらに放出と吸収方向に分かれているとのことです。

チャクラと波動測定 – – シャンティ・フーラ – Shanti Phulaより
https://shanti-phula.net/ja/smg/chakras-and-vibration-measurement

文字から波動コードを拾い出す

 このように細分化されたチャクラを波動測定して、エネルギーバランスを整えることを行ってみてはどうでしょうか? と、KTS-PROのオペレーター研修を受講している、辻丸幸司さんからそのような案を受けたのです。彼が持ってきた一覧表を見てみると、7チャクラ×4エネルギー体×2(放出・吸収)=56種類のチャクラになります。

 それらの波動コードをすべて文字測定によって拾い出し、一覧表にしなければならないのですが、56コードを文字から拾い出すのは、かなり大変な作業になります。しかし、一覧表を見ていた私はもっと簡単にコード化して測定することが出来ると瞬時に閃きました。

 もともとチャクラコードは、1番から7番まで文字から拾い出したコードがありますので、後は体外・体表・神経叢・脊髄・放出・吸収の6コードがあれば、それらの中から3コードを組み合わせて、56種類のチャクラを波動測定できることに気付いたのです。波動コード表を確認してみると、脊髄コードは元々コード表に載っていましたので、残りの5項目の文字を使って、波動コードを拾い出せば、必要なコードは全部揃います。そのようにして出来上がったコード表が下記になります。

自分の全チャクラを測定してみる

 果たして文字から拾い出した波動コードがどの程度有効なのか。これらのコードを使って、全56種類のチャクラを波動測定、そして波動の乱れを修正することで、どの程度の効果があるのでしょうか? まず、自分自身の測定を行ってみることにしました。測定をしてみると56コードの中で半分くらいに波動の乱れが確認出来ましたので、それらを修正するコードを拾い出して、波動水を作りさっそく飲み始めました。

 すると、翌日からはっきりとその効果を実感することが出来たのです。私は、毎日波動カウンセリングを行っているために、測定を行う中で受けてしまった、ネガティブエネルギーの影響から、お腹の調子が悪くなることが度々あったのです。それが今回作った波動水を飲んでから、明らかにお腹の調子が良くなってきました、そして全体的な体調も良くなってきたのです。

 特に驚いたのはKTS-PROの音の聞こえ方が、今までにないくらい鮮明に聞き取れるようになってきたことが特筆すべきことではないかと思います。今まではよく聞こえる時でも、潜在意識の奥の方まで情報を掘り下げて行くと、霞がかかったように音が聞こえにくくなっていたのですが、今回の波動水を飲んでからは、最後まではっきりと音の違いが聞こえるようになってきたのです。

 チャクラコードで作った波動水の効果には、個人差はあると思いますが、今までにない効果をかなり期待出来ると思うのです。そして、今回はチャクラコード56種類だけで測定を行いましたが、他の波動コードと組み合わせることによって、あらゆる問題に対応する測定が、今まで以上に効果的に行えるだろうと思うのです。この研究を突き詰めながら、さらなる進化した波動カウンセリングを行うことが出来るだろうと考えています。

KTS -PRO研修生に朗報

 今回、私が体感した実験結果から、今後の大きな可能性を感じることが出来ました。それは、KTS-PROのオペレーターを今まで以上に増やして行くことが出来る可能性を感じたことです。今現在も研修を受けている方は、6名ほどいらっしゃいますが、共鳴、非共鳴の音の聞き分けにみなさん苦労しているようです。最初から音の聞き分けが出来る人も中にはいるのですが、そのような人は少数派です。

 6割以上の人が、最初は音の聞き分けがほとんど出来ない状態です。そのような人でも、しっかり練習をしていれば段々と聞き取れるようになって来るのですが、卒業試験に合格するにはかなりの時間を割いて練習する必要があるのです。

 もう少し短期間で、音の聞き分けが出来るようになって、もっとたくさんの人たちが、気軽に研修を申込みできるようになって欲しいと願いながら、音の聞き分け用の波動水を研修生一人ひとりに作っているのですが、これからはその効果が格段にアップして、今まで以上に早くKTS-PROの操作を取得出来るようになるのではないかと密かに期待しているのです。まずは、現在の研修生たちに飲んで貰い、その効果を確認して行きたいと考えています。

 近い将来、日本全国のみならず、全世界に波動サロンを展開して行くことを夢見ながら、日々測定技術の研鑽を積んで行きたいと思っています。この記事を読んで、KTS-PROに興味を持たれた方がいらっしゃいましたら、是非お問い合わせください、お待ちしています。

ドルフィン通信

お気軽にお問い合わせください TEL 03-5912-6541 受付時間 10:00~18:00(定休日:日曜)

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

ドルフィン通信

  • facebook
PAGETOP
Copyright © 有限会社 I.H.M.ドルフィン All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.